カンミ堂 > カンミ堂について > ふせんミーティング開催報告 > 第7回カンミ堂ふせんミーティング|2018年2月

 

 

 

第7回 テーマ:ふせん大調査の会                        開催日:2018年2月17日(土)

 

                                               第7回 応募要項はこちら

 

 

第7回ふせんミーティングのテーマは、『ふせん大調査の会』。

お店のふせん売場には、たくさんのふせんが並んでいますが、それらすべてを一度に試せる機会は

普段なかなかありません。今回は、都内の某大型量販店のふせん売場のふせん全種類(全品番ではありません)を

購入し、その中の気になるふせんを好きなだけ触って、好きなだけ試していただけるという企画を実施しました。

 

およそ90種類のふせんを「人に使うふせん」と「自分で使うふせん」という2つのカテゴリーに分け、

そのなかから、参加者10名(社員含む)が気になったふせんを各部門10商品、計20商品ノミネート。

ノミネートされたふせんを、会のなかで試したり、どのポイントが気になったかをそれぞれ発表し、

それについて意見を交わしながら採点していきました。

最終的に各部門、1位から10位までランキング形式でまとめました。

以下がノミネートされた各10商品と、それぞれのランキング結果です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※採点項目(5つ):

1.見た目

2.コストパフォーマンス

3.書き心地

4.粘着力

5.ときめき

※各項目の最高点:5ポイント(最低は0ポイント)

※採点者:9名(1商品の最高ポイントは225pt)/ 1名は司会進行のため採点には不参加

 

*ノミネート商品とランキング結果は、当日の参加者さまがご自身の感覚で

「よい」と思うものを選び、会の参加者のなかでの採点により決定したものです。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                 

 

参加者のみなさんの選んだ「人に使うふせん」「自分で使うふせん」ベスト10

 

○「人に使うふせん」部門 (全43商品) /敬称略

 

1位 落書きふせん(マント)  161pt 学研ステイフル

2位 タテトコ(方眼)     160pt カンミ堂

3位 ハッピーふせん(スマイル)158pt クラスタージャパン

4位 好きな色から使えるふせん(75×50mm) 155pt クラスタージャパン

5位 ミニチュアふせん(葉書)146pt アーティミス

6位 MD付せん紙(A7無罫)143pt  ミドリ

7位 イケメン付箋(教師) 140pt  日本ホールマーク

8位 おきもちふせん(にゃばんばん よくがんばりました)139pt マインドウェイブ

9位 ポイント付箋(ふきだし) 132pt アートプリントジャパン

10位  POWERS(4色15×60mm)126pt プリントインフォームジャパン

 

 

○「自分で使うふせん」部門 (全47商品) /敬称略

 

1位 ココフセンカード 178pt カンミ堂

2位 テープノフセン  176pt ヤマト

3位 ココフセン Lサイズ  168pt カンミ堂

4位 FILM INDEX 厚口タイプ(A4縦12山) 165pt クラスタージャパン

5位 半透明ふせん(無地)  162pt ニトムズ

5位 ポスト・イット(R) マルチカラー 見出し 700MC 162pt スリーエムジャパン

5位 クリップココフセン(マスタード M ) 162pt カンミ堂

8位 フィルム付せん(ミニ ふきだし柄) 153pt ミドリ

9位 F.O.B COOP・のり付メモ To do リスト 151pt キョクトウ・アソシエイツ

10位 Piri-it! ? R 132pt サンスター文具

 

 

 

 

                                                

 

今回の体験会を終えて

「人に使うふせん」部門では、渡す相手に喜んでほしい・驚いてほしいという気持ちが表れた結果となりました。一方、「自分で使うふせん」部門では、参加者のみなさまが職場やプライベートなど、使用シーンを強くイメージして選ばれている印象でした。

全体を通して、見た目のデザインだけでなく、機能や使用シーンをきちんとイメージしていただくことで、 ユーザーの方に長く使いつづけてもらえるということが分かりました。

 

また今回、私たちがあらかじめ「このふせんは「人に使うふせん部門」かな」と思い「人に使うふせん」部門に振り分けていたふせんも、「私だったらこのふせんはライフログに使う、自分用としてだったらもっと順位が高かったかも」とおっしゃっていた方もいて、「何用のふせんか」というところの線引きも人それぞれ違って

いて、メーカー側が想定する使いかた以外の活用もされているのだな、ということも気づきとして得たことのひとつでした。

 

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

 

                                                   

 

 

 

【 参加者の方の声 】   ※一部、表現を修正して掲載しています

 

こんなにたくさんのふせんを一度に触れる機会はないので、とても楽しかったです。

 

・人に使うふせんは、デザインや粘着力などを無意識に気にしていることを発見しました。


・いろいろなふせんが実際に使えて楽しかった。また、ほかの方の使い方なども聞けて参考になりました。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◯前回(第6回)の開催報告はこちら

カンミ堂ふせんミーティング 開催報告TOP