インタビュー_top.png

 

 

 インタビュー_4.png

 

 

 

Q1.  広報の仕事について教えてください

 

広報の仕事は、商品や会社のことを「よりよく、正しく」各種メディアの方々、

ひいては世の中に伝えることが、その大きな役割です。

主な業務としては、メディアの方に向けた新商品の資料作成(プレスリリース)、

TVや雑誌の方とのやりとり、紹介内容の事前チェックや、自社ホームページの更新などを行っています。

 

広報は「世の中」に広く発信される情報を取り扱うため、「正しく」情報を届けることが大事です。

また、各メディアを通じて、商品や会社について知る大勢の人を意識して、

「よりよく」知ってもらうための表現にこだわって考え抜くことも大切だと考えています。

 

 

Q2. 内山さんはその中で主にどのような業務を担当していますか?

 

私は、営業職と広報職を兼任しているので、担当している広報業務は限られたものとなっています。

具体的には、TVや雑誌など、メディアの方々とのやりとりを中心に担当しており、

掲載依頼や取材の対応、紹介内容の事前チェックがメインの業務です。

また、カンミ堂から取扱い店舗さまに向け発行しているFAXマガジンの作成や

ホームページの更新も担当しています。

 

それ以外の広報の仕事として、開発担当と一緒に商品のコンセプト決めを行ったうえで、

プレスリリースを作成するなど、商品を世に出す上で重要な役割を担っています。 

 

 

Q3. この業務の大変なところを教えてください

 

「正しさ」や「公共性」という視点を、持ち続けなければいけないことです。

広報が自社ホームページやプレスリリースで発信するのは、

端的に言えば「公式発表」のようなもので、そうした情報を発することの責任は重たく、

細かなところまで気を配り、納得するまで考えつづけることが大変です。

 

 

Q4. 仕事をしていてやりがいを感じるのはどんなときですか?

 

新聞・TV・雑誌など、媒体を問わず、商品や会社が紹介されているのを目にする時です。

その放送や掲載を観て、初めてカンミ堂や商品のことを知る人がいることや、

人々の目に触れる機会・可能性が広がっているなという実感がとてもうれしく感じられます。

 

 

Q5. 内山さんにとってこの仕事とは

 

会社や商品のイメージを守りながら、認知を広げる攻めの姿勢を持つこと。

「正しく、より良い」情報を考え続け発信し、信頼やイメージを守りながら、

多くの人々に会社と商品を知ってもらうために動くことです。

 

 

Q6. 今後の目標を教えてください

 

短期的には、より良く伝える表現の技術や、

情報発信のタイミングの管理など、広報として必要な力を磨くこと。

長期的には、「正しく、より良い」情報発信に加えて、

「より広く」知ってもらう力をもった広報になることです。

 

  

Q7. 一日のおおまかなスケジュールを教えてください

 

8:50   出社

 

9:00   朝礼

 

9:20   メール確認・校正など 

 

10:00 取材の準備・校正など

 

11:00 取材

 

12:00 ランチ

 

14:00 商品イメージの打ち合わせ

 

16:00 パッケージに関する打ち合わせ

 

17:00 営業会議

 

18:00 メールの確認・返信

 

19:00 退社

 

※営業担当を兼任しています。

 

 

 


 

 

 

         [他のインタビューも読む]

 

商品開発のインタビューを読む   生産管理のインタビューを読む   市販営業のインタビューを読む   法人営業のインタビューを読む   経理担当のインタビューを読む