インタビュー_top.png

 

 

 生産管理担当の写真

 

 

 

Q1. 生産管理の仕事について教えてください

 

カンミ堂の商品を必要なタイミングまでに必要な品質で必要な数量を生産することです。

特販商品であれば、販売促進開始日までに商品を希望の数量生産し、

市販商品であれば、お客様の欲しい商品と欲しい数量を計画的に見越して生産します。

具体的な実務としては、必要な資材の発注・加工を仕入先へ依頼することや、

資材や商品見本の品質チェック、納期が遅れた際の全体のスケジュール調整などがあります。

 

 

Q2. 大竹さんはその中で主にどのような業務を担当していますか?

 

私は開発の担当と兼任しており、生産管理の大多数の実務は後輩社員が担当しています。

ですので、私個人の生産管理における業務は、資材納期の遅れや印刷物の不具合などの問題が発生した際に

相談に応じ解決方法を決めることと、問題が発生しない仕組みを考えることです。

 

生産管理の業務で問題が発生したら、案件を担当している生産管理のメンバーと

まずは最適な解決策を考えて実行します。

問題がひとまず解決したら、どうすればそもそも問題が発生しないのかという対策を考えます。

 

他には、仕入先の担当者と品質や納期について打ち合わせや

どの資材をいつ・どれだけ発注するのかの承認を行います。

 

 

Q3. この業務の大変なところを教えてください

 

生産管理の仕事はミスが許されません。生産すべき数量やスケジュールを過ってしまうと、

最終的にお客様に迷惑をかけてしまい、会社の信用問題になってしまいます。

一つ一つの発注や加工指示の数量やスケジュールをしっかり確認することと、

れずに仕事を進めていくことが生産管理として基本的なことであり、大変なところでもあります。

た、もしミスをしてしまったときに、いかに素早くリカバリーができるのか、

同じミスをしないように改善していけるかも同様に重要なことであり、非常に難しいことでもあります。

 

 

Q4. 仕事をしていてやりがいを感じるのはどんなときですか?

 

最終的に問題がクリアになって、「無事に納品できて良かった」と言っているメンバーを見たときです。

問題が起きた時に、1番大変なのは実際にお客様の担当している営業と生産管理のメンバーなので、

ホッとしている姿を見ると、私の仕事としても「これで良かったのだな」とひとまず安心します。

 

 

Q5. 大竹さんにとって生産管理の仕事とは

 

一言でいうと「チームプレイ」だと思います。

生産管理は、仕入先の担当者やその先で実際に作業されている方々とともに、

一つ一つ商品を作り上げていくつなぎを担っているように思います。

サッカーで味方にパスをつないでゴールを目指していくように、カンミ堂に協力してくれる様々な方々とともに、

商品づくりというゴールに向かって、資材や加工をつないでいく仕事のように思っています。

 

 

Q6. 今後の目標を教えてください

 

すべての生産において、納期の遅延や品質不良などの問題がなく生産できることが、

生産管理として1番の喜びになりますので、

その仕組みをつくれるように生産管理のレベルを高めていきたいと思っています。

まだまだ問題も多いので、いつも「どうしたらいいのだろう?」と悩んでいますが、

悩み続けること・考え続けることでしか「答え」は見つけられないと思います。

 

 

Q7. 一日のおおまかなスケジュールを教えてください

 

8:30   出社

 

      当日のTODOの整理

 

9:00   朝礼

 

10:00 商品開発会議

 

12:00 昼食

 

13:00 仕入先との打ち合わせ

 

15:00 商品開発作業

 

17:00 資材発注の承認

 

19:00 退社(週2-3で飲みに行きます。)

 

※ 商品開発担当を兼任しています

  

 

 

 


 

 

 

         [他のインタビューも読む]

 

リンク_1.png   市販営業のインタビューを読む   法人営業のインタビューを読む   リンク_2.png   広報担当のインタビューを読む