カンミ堂 > カンミ堂について > 採用情報 > 新卒採用2019 TOP > 採用コンテンツ > 新入社員インタビュー(1)

新入社員インタビュー

 

 

 

Q1 カンミ堂で働きたいと思った理由は?

 

もともと学生の頃から文房具業界を志望し、大学ではプロダクトデザインを専攻していたのですが、

どちらかというと「かわいい」「カッコいい」といった感性に訴えかけるようなものよりも、前線で活躍

している“道具”に込められた小さな工夫に魅力を感じるタイプでした。

カンミ堂の商品からは、どこか理性的なアイデアや一度出された案を何度もくり返し吟味されていることを

想像させるデザインが感じられ、そんなものづくりに自分も関わりたいと強く思ったのを覚えています。

さらに社員数が少ないからこそ、ただ1つの業務をこなすばかりではなく、設計や販売などものづくり全体

の仕組みを経験できることも自分にとってはかなり大きな決め手でした。

 

 

Q2 カンミ堂に対してどのような印象を持っていますか?

 

どんなことに対してもそれぞれが一度は自分で考えることを大事にしているように見えます。

先輩方とお話ししていても、優しい口調の中にしっかりと自分の考えの筋道があって、何気ない立ち話も

勉強になります。いまはまだ力が及ばず、うまく成果に繋げられた回数は少ないですが、コツコツと経験を

重ねていけば着実に力をつけ成長できる場であると思います。

 

 

Q3 仕事をしていて嬉しかったことは?

 

実際に資材を製造するには材料や機械の制約があったり、まれに不測の事態が発生したりします。

そんなときにスケジュールや作り方を改めて検討し臨機応変に調整することも生産管理の業務のひとつです。

入社してすぐはうまく対応できないこともあったのですが、こつこつと過程やノウハウを理解して少しずつ

自分で解決できるものも増えてきました。複雑な課題をうまく解決できたときはもちろん、協力会社の方との

やりとりのなかから少しずつ信頼が築けていることを実感する場面もあり嬉しく思うとともに、目の前のこと

1つひとつに手を抜かず積み重ねていこうと気が引き締まります。

 

 

Q4 仕事をするうえで、どんなことが大切だと感じていますか?

 

自分で考えることについて前述しましたが、私はそれと同時に「考えるための材料を増やす」ことも大切にして

います。それは本を読んだり展覧会を見に行ったり、友達と話したりとさまざまです。いまは生産管理の検定

を受けるために勉強中なのですが、生産という大きな流れのなかで日々の業務がどんな役割を果たしているのか

だんだんとわかるようになってきて面白いです。個人の感覚や常識というのは、意識していないとすぐに凝り

固まってしまうので、自分がそうなっていないかを意識しつつ、つねに自分をアップデートすることを楽しめる

人でありたいです。

 

 

Q5 休日の過ごし方を教えてください

 

体力はあまりないほうなので、休日は体を休めることに使いたいと頭のなかでは思ってはいるのですが、

東京にはただ散歩しているだけでもおもしろいお店やイベントがたくさんあるので、気がつけばふらっと

どこかへ出かけていることが多いです。美術館の展覧会や文房具好きが集まるイベントなど、いろんなものを

見て、聴いて、話をして、ゆったりと消化するのに時間を使っています。

 

 

Q6 就職活動中の皆さんへ、メッセージをお願いします

 

就職活動中は、自分が何を考えているのかわからなくなることがたびたびありました。

まわりの人の言葉が正解のように思えて、自分の考えに自信がもてなかったり、いつの間にか自分の答えが

すり替わってしまいそうになったりもしました。働くということを考えたとき、自分にとって何が最も大切

なのかは、ノートに書いておくくらいのことをしたほうがよかったのかもしれません。不安になったときには

いったん深呼吸をして、心身ともに無理せず自分なりの答えを見つけてみてください。

 

 

Q7 一日のおおまかなスケジュールを教えてください

 

 

9:00 全体朝礼 

  

9:15 業務の進捗共有

  

9:30 商品・資材在庫の確認と発注

 

11:00 開発会議

 

12:00 ランチ

 

13:00 ノベルティ製作の業務対応

  

14:00 新商品の案出し

 

15:30 ノベルティ製作の業務対応 

 

16:30 販促品の製作・発注 

 

17:00 潜在ニーズ会議

 

18:00 掃除

  

18:30 退社