Q1. 市販営業の仕事について教えてください

 

市販営業とは、『ココフセン』や『ペントネ』といった商品を

しっかりと小売店で取り扱ってもらえるように働きかけていく業務です。

 

この部署の役割は、「商品の魅力をきちんと相手に伝えること」であると考えています。

ここでいう「相手」とは、ユーザー一人ひとりであり、取り扱ってくださる店舗でもあります。

一人ひとりのユーザーへ届けるためには、商品を並べる店舗にも魅力的だと感じてもらわなければなりません。

カンミ堂商品を使いたいと思ってくださるお客さまはもちろん、

これから使ってくださる可能性があるお客さまにお届けできるよう、

販売ルートや売場を整えていくことが必要になります。

  

具体的には、現在お取り扱いいただいている店舗に対して、売上の動向を確認したり、

商品がきちんと売れるように販促物(POP)を作成してお送りしたりする「既存取扱店舗のフォロー」や、

展示会等を通して新しい販売ルートを増やしていく「新規取扱店舗の拡大」があります。

市販営業のどの業務においても、数字をしっかりと意識した計画が必要になります。

 

 

Q2. 内山さんはその中で主にどのような業務を担当していますか?

 

販売会社の本部との商談およびその店舗の訪問を1社担当しているのにあわせて、新商品販売時など

日頃発生する社内のやりとりをチームの代表としておこなったり、先々の販売計画を検討し実行していく

うえでのまとめ役も担当したりしています。

 

 

Q3. この業務の大変なところを教えてください

 

市販営業の仕事というのは、例えば、得意先に商品を導入してもらう、よりよい売場展開ができるよう

店舗担当の方に実行してもらう、商品に販促をかけて消費者の方に商品を購入していただくなど、

相手となるのが得意先の方であれ消費者の方であれ、「人にとある行動を起こさせる」ために働きかける

ことの連続なのですが、このこと自体がとても大変です。

その働きかけを成功させるためには、相手がどう思うか・どう感じるかを想像しながら効果的な方法を考える

しかないのですが、はっきり言ってしまうと、人が何を思い、感じ、どう行動するのかというのはわかりよう

のないことです。そういった不確実な物事を、知識や経験によって目処を立て実行していくことが、

大変なことだと感じます。

 

 

Q4. 仕事をしていてやりがいを感じるのはどんなときですか?

 

販促企画や提案が社内や取引先に通り、実行され、成功することが楽しいです。

市販商品が売れていくのは、営業の力というよりも商品力の面がいつも大きいため、 販促案や企画案が

成功したときに、貢献できている実感が湧きます。 実際に売場に出向く営業は、ユーザーの方と同じ視点で

売場を見たり、売場の方の声を聴いたりするなど、現場で得たヒントを活かして販促案や企画案を検討します。

疑問に思ったら調べ、現場からヒントを得て結論を出すというやり方は、営業ならではのやり方かと思います。

 

 

Q5. 内山さんにとってこの仕事とは

 

私にとってこの仕事は「自分を変えるもの」です。 正直にいうと、営業という仕事はわたしにとって苦手な

ことの連続なのですが、 取り組んでいるうちにそういったことも楽しいと思える瞬間があり、 大変なことも

乗り越えると学ぶことも多く、考え方の変化を感じることも多いです。 また、営業は人一倍会う人間の数が

多いのですが、いろんな人と関わることでたくさんの考えやアイデアに触れ、学んでいくことで、自分自身が

どんどん変化していっているように思います。

 

 

Q6. 今後の目標を教えてください

 

市販営業のチームは現在、3年目の私を最年長にして動いており、また人数も少ないため、日々の業務に

追われることも多いです。そのため、地味なことではありますが、まずはチームのみんながいろんな仕事に

慣れていくこと、そしてそれをサポートするために、チームのみんなが快適に楽しく働けるようにすることが、

現状は大切なことだと思っています。

 

 

Q7. 一日のおおまかなスケジュールを教えてください

 

 

8:40   出社

 

9:00   全体朝礼

 

9:30   メールのチェック

 

10:00 売上のチェック

 

11:00 資料の作成

 

12:00 昼食

 

13:00 新商品に関するミーティング

 

16:00 販促活動について案出し

 

17:30 市販営業に関する定期報告

 

18:30 退社

 

  

 

 

 


 

 

 

         [他のインタビューも読む]

 

商品開発のインタビューを読む   生産管理のインタビューを読む   特販営業のインタビューを読む   広報担当のインタビューを読む