カンミ堂 > カンミ堂について > 採用情報 > 新卒採用2020 TOP > 採用コンテンツ > 新入社員インタビュー(2)

新入社員インタビュー

 

採用コンテンツ2020-10.png

 

 

Q1 カンミ堂で働きたいと思った理由は?

 

 昔から文房具に興味があり、文具業界に関われたらいいなという気持ちで大学ではデザインを学んでいました。 いざ就職活動となったときに、文房具に関われて、かつ大学で学んだ考え方や技術を活かせるような仕事をしたいと思い、消費者の潜在的なニーズから商品を形づくるカンミ堂を志望しました。社員全員がアイデアの種を見つけることに関われるという少人数ならではの環境も魅力的で、ここで働きたいと思った決め手でした。

 

 

Q2 カンミ堂に対してどのような印象を持っていますか?

 

 「今までこうだったから」「なんとなくそういう決まりだから」ということがあまりない会社だと思っています。 カンミ堂の先輩方は普段から物事の本質を考えるクセがついているためか、商品開発だけでなく、仕事のやり方や社内環境に対しても「目的のために何が必要なのか」を見ていて、考え方が柔軟です。 1年目ということにとらわれず、自分なりの考えを持てる環境だと思います。

 

 

Q3 仕事をしていて嬉しかったことは?

 

 「きれいに作っていただいてありがとうございます」と言っていただけたときです。 生産管理として自分がノベルティ製作の進行を担当したお客様から、無事に納品が完了したあとにいただいたことのある言葉です。 また、社内の営業の方から依頼された製作物が完成した際にも、こうした言葉をかけていただくことがあります。

 特にノベルティ製作では、実際に手を動かして作っているのは私でなく、協力してくださっている加工会社様なのですが、その一言を添えてくださる関係を築けたことを嬉しく思います。 同時に、カンミ堂がたくさんの協力会社様に支えられていることも実感するので、私自身も日頃から感謝の気持ちが伝わるように心がけています。

 

 

Q4 仕事をするうえで、どんなことが大切だと感じていますか?

 

 人の話をよく聞くことだと思います。 生産管理は、営業や開発の方からの依頼で動くような業務が多いです。 そうした中で、相手が伝えたいことや求めていることを正しく聞くことは非常に大切で、ここで認識の違いが生まれてしまうと、時間のロスになったり誤った発注に繋がってしまったりする恐れもあります。 「よく聞く」ということは単純なことに思えますが、生産管理に限らずどんな仕事でも大切なことだと思っています。

 

 

Q5 休日の過ごし方を教えてください

 

 家にいると際限なく寝てしまうので、予定をつくっては出かけています。 映画を観たり、企画展に行ったり、友人と喋ったり、買い物をしたり、いろいろです。 最近はお笑いのイベントに行くことも増えました。

 

 

Q6 就職活動中の皆さんへ、メッセージをお願いします

 

 就職活動中は情報がたくさん入ってくるため、そのたびに刺激を受けて、自分の考えも微妙に変化していました。今思えばそれは悪いことではなく、自分の中で揺るがないと思える軸をきちんと知っておくことが大切なのだと思います。 不安な気持ちになることもあると思いますが、就職活動は本当に縁だなあと感じるので、軸を中心に据えていろいろな可能性に目を向けてみてください。

 

 

Q7 一日のおおまかなスケジュールを教えてください

 

 

8:40 出社・観葉植物への水やり 

 

9:00 朝礼 

  

9:30 製作物の見積もり依頼

  

11:00 ノベルティ製作の業務対応

 

12:00 昼食

 

13:00 販促品のデザイン業務

  

17:00 販促品のデザイン入稿・発注

 

18:00 退社