カンミ堂 > カンミ堂について > 社員紹介 > 【カンミ堂 社員紹介】

 

 

                  
3わたしの仕事

私は現在、おもにノベルティーと市販品の生産管理の仕事を担当しています。

ノベルティーの業務では、法人のお客さまのご注文に合わせて資材の発注・加工手配をし、

希望の納期に商品を納められるよう、スケジュール調整をおこなっています。

また市販品の業務では、商品ごとに販売数を予測し、計画的に生産をしています。

 

生産管理の業務を行ううえで、「相手の方の立場から見てみる」ことをとくに心がけています。

発注数量や加工スケジュールを伝える際、社内や自分のなかでは当たり前の言葉も、自分とは違う仕事や

年齢の方が相手だとうまく伝わらないときがあります。とくにノベルティでは、商品の仕様や納品形態など

お客さまによってご要望もさまざまです。お客さまからの希望を自分自身がまずしっかりと理解し、それを

協力会社さんに依頼するときには 文章だけでなく図や表、写真などを用いながら、誤解なく伝わるよう

工夫をしています。複雑な内容がうまく伝わったり、遅延やミスがなく商品を納品でき、お客さまからお礼

の言葉をいただいたりしたときには、何にも代えられない嬉しさや達成感があります。

お客さまや協力会社さんに、信頼していただける生産管理になれるよう、これからも努力していきたいです。

 

また今後は、商品開発の仕事にも携わっていきたいと考えています。

生産管理としてたくさん経験を積み、自分が商品開発に関わるときには、使い方はもちろんサイズ感や見た目

も含めリアリティのあるデザインをし、 お客さまに喜んでもらえるような商品を届けたいです。

 

 

 

3趣味、好きなこと

高校生の頃から文房具が好きで、文具店やイベントに行ったりと休みの日も文房具に触れていることが多いです。

新しいものから古い年代のものまで幅広く興味があり、たまに骨董市に出かけたりもしています。

偶然出会った100年近く前の文房具にその時代を映した独特の表現や、逆にいまと変わらない考え方を見つけたり

した瞬間にはグッとくるものがあります。 基本的に、使わないものは買わないつもりでいるのですが、人よりも

文房具の量が少し多くなってきている気がしている今日この頃です。

                                          (2017年6月)