アナログなんだけど、ウェブとの親和性の高いもの

株式会社ワンゴジュウゴさま
 
sub_box_bg_head

【法人】メモピット事例10-3.jpg

 
株式会社ワンゴジュウゴさま

http://www.wan55.co.jp/

WEB制作のみならず、その後の集客や効率化など、
制作+ その後のフォローまでを一つのサービスとして提供している

ワンゴジュウゴ。
展示会への出展の際、集客につながるアイテムとしてメモピットを採用。

“メモピット+名刺の一体化”が、集客力の秘密です。

※内容は取材当時の情報になります。

 

<商品タイプ>Bサイズ

sub_box_bg_foot
 

まず最初に、ワンゴジュウゴさんはどのような業務をされているのでしょうか?

 

弊社はウェブの企画制作を中心として行って参りました。ですがここ4~5年で「ウェブの企画制作」だけではなく

「企画制作後のフォロー」という部分でも力を入れています。ウェブを企画制作をしたあと、いかにエンドユーザーを

増やすか、いかにお客さまを集めるか、いかに効率を上げるかなど、現代のウェブの世界で一連の流れに対応出来る

ような組織づくり、会社づくりを目指しながら業務を行っています。


最近は私がやっております、SEM、SEOと言われるサーチエンジンマーケティングの領域も、ウェブの企画制作に

包括的に含まれるようになってきて、ホー ムページを作って終わりというのではなく、プロモーションの施策や

集客の方法など、よりよいホームページを作るためにどうすればよいのか、その部分をしっ かりと考える必要性が

求められています。

 

 

 

今回はワンゴジュウゴさんにメモピットを採用してもらいましたが、どのような経緯で採用になったのでしょうか?

 

私は営業という仕事をメインにしているわけではないのですが、弊社にいる営業のメンバーがより営業活動を行いやすい

ように、「営業支援」というかたちでの活動もしています。私たちの業界では常に新しいネタを持っていないと

クライアントのニーズに応えられませんので、プレミアムインセンティブショーなどノベルティ の展示会などに

足を運んだりしているんですね。そこで何かピンとくるものはないかな、と探していた時にメモピットを発見しました。

 

第一印象ですが、「アナログなんだけど、ウェブとの親和性の高いものだなー」っと、思いました。

パソコンのフレームに貼る、シンプルだけど面白い発想だなって。
粘着を使った商品で、似たような商品は何度か見たことがありますが、それを“パソコンのフレーム に貼る”、その部分を

全面に押し出している商品は今までに見たことがありませんでした。 とても面白く印象に残った商品でした。

 

 

 

メモピットを採用していただきましたが、他に何か候補はありましたか?

 

ありませんでした(笑)
というのも、“ウェブ2.0マーケティングフェア”という展示会に毎年出展しているのですが、 その時に集客に結びつくものを、

という観点からノベルティを探していたので、メモピットと何かを比較した結果の採用ということではありませんでした。

 

 

実際にメモピットを配布されての反応はいかがでしたでしょうか?

 

前回のウェブ2.0マーケティングフェアでは、OPP袋入りのメモピットに自分の名刺を入れて 名刺交換をさせて

いただきました。もしかしたら名刺をOPP袋に入れて交換するという行為は非常識な 部分もあったかもしれません。

ですが、展示会で配られるノベルティといものは、おそらく7~8割が そのままお蔵入りという印象があります。

お客様との会話の始まりの名刺交換で、インパクトを与える ことが出来れば、話のネタにもなりますし、

話す時間も長くなると思いました。

実際、OPP袋に名刺を入れたことによって、お客さまとの会話の時間も最低30秒ぐらい長くなったのではないでしょうか。

メモピット単体ですと小さなものですし、少々弱いかもしれませんが、名刺と一緒に配るということで大きなインパクトを

与えられたのではないかと思います。

 

 【法人】メモピット事例10-3.jpg

検索窓がついている、オレンジ部分がメモピット。
台紙では、パソコンのフレームが描かれていて、メモピットを使ってもらいたい場所への、

さりげない誘導にもつながっている。

 

 

メモピットと名刺をセットにするアイディアは、阿久根さん発案ですか?

そうです。OPP袋のテープどめの向きも考えて、名刺を入れる側を決めました。名刺を入れてもテープ どめしたときに

隠れてしまっては意味がありませんので。あとは名刺とメモピットが一緒になっていると いうことで、お客さまの

名刺入れに入れてもらえるという狙いもありました。鞄の中に他社の資料と一緒に入れら れてしまうと、それこそ

お蔵入りの可能性大なわけですから。

小さなスペースですけれど、名刺入れという貴重な場所へ入り込むことが出来たわけです。

 

 

御社内でのメモピットの評判はいかがでしたでしょうか?

展示会の予算との兼ね合いもあり、社内でも最初から盛り上がっていたわけではありませんでした。

ですが前述しましたとおりメモピットと名刺を一緒にするという、“ちょとした工夫”をほどこすことによって、

価値、効果が見いだされ、社長からのGOサインも出まして、採用ということになりました。

弊社の社長も営業出身ですので、営業活動の際にちょっとしたフックというか、アクセントのあるものの商品価値を

熟知しているんです。そのような経緯から、最終的にはメモピットという商品が、社内でも評価の高いノベルティと

なりました。

 

【法人】メモピット事例10-4.jpg  【法人】メモピット事例10-4.jpg

 

 

 

本日は長々とありがとうございました。

 

 

 

※情報は掲載当時のものになります。