カンミ堂 > 商品紹介 > リップノ > 使いかた/困ったときは…

How to use

使いかた

 

  ふせんが根もとで切れてしまったら…   ふせんの芯棒が取り出せない…  
  ふせんが引きだせなくなってしまった

 

 

 

旧仕様のふせんを入れて抜けなくなった

 

 

ふせんが根もとで切れてしまったら…

  

 

5本体上部のふたを開け、ふせん出口からペンの先などを差し入れて芯を取り出します

  

   

       

 

       

 

   このあと、ふせんのロールを本体にセットしなおしてください。

  (→ふせんのセット方法は「使いかた/詰め替えかた」を参照ください)

 

 

5上記方法で上手く取りだせない場合は、本体下部のつまみ部分を外してください

  

      片方の手で本体をしっかり抑えながら、つまみ部分を引き抜きます

  (引き抜く際は両手に力がかかりますので、周囲のものや人にぶつからないようご注意ください)

 

       

 

       

 

      芯を取りだしたあとは、本体側とつまみ側のパーツをもとの状態にはめなおしてから、

    ふせんを入れなおしてください。

 

 

 

 

ふせんの芯棒が取りだせない…

5本体下部のつまみ部分を外して、芯棒を取りだします

  

      片方の手で本体をしっかり抑えながら、つまみ部分を引き抜きます

  (引き抜く際は両手に力がかかりますので、周囲のものや人にぶつからないようご注意ください)

 

       

 

       

 

      芯を取りだしたあとは、本体側とつまみ側のパーツをもとの状態にはめなおしてから、

    ふせんを入れなおしてください。

 

 

 

 

ふせんが引きだせなくなってしまった

  

 

      ロールふせんが本体内部で広がると、ふせんを引きだせなくなることがあります。

    その場合は、ふせんを本体から取りだしてから手で巻き直し、再度本体にセットしてください。

 

      

       ↑ふせんがケース本体内で広がった状態 

 

 

5本体上部のふたを開け、ふせんを取り出します

  

 

       

 

 

5広がった状態のふせんを一度まっすぐにし、手で芯に巻き直します

  

 

       

 

       

 

   このあと、ふせんのロールを本体にセットしなおしてください。

  (→ふせんのセット方法は「使いかた/詰め替えかた」を参照ください)

 

 

 

 

 

旧仕様のふせん芯を入れてしまい、抜き出せなくなった

  

 

      旧仕様のロールふせん(芯が紙製のもの)は、『リップノ』では使用できません。

    誤って入れてしまった場合、通常の方法では芯を取り出すことができないため、下記手順で芯を取りだし

    てから、対応のふせんを入れ替えてください。

 

 

5本体下部のつまみ部分を外して、芯棒を取りだします

  

 

 

     片方の手で本体をしっかり抑えながら、つまみ部分を引き抜きます

  (引き抜く際は両手に力がかかりますので、周囲のものや人にぶつからないようご注意ください)

 

 

       

 

       

 

 

      芯を取りだしたあとは、本体側とつまみ側のパーツをもとの状態にはめなおしてから、

    ふせんを入れなおしてください。

  (→ふせんのセット方法は「使いかた/詰め替えかた」を参照ください)