「取り扱い店舗」について考える

担当:古田

今月の考える日記は、企画営業の古田が担当します。


夏真っ盛りで湿気がまとわりつきますね。

そんな東京を離れ(3日間だけですが)、僕は沖縄へ旅行にでかけました。

初めて訪問した沖縄滞在中のプランは、 定番をメインにまわる観光でした。

ひとつだけ観光以外の予定は、旅立つ何日か前にココフセンとテンミニッツの注文をいただいた、沖縄のお店への訪問でした。

「国際通り」という通りの近くにそのお店があるとわかったので、寄れたら寄ろうと思っていました。

 

国際通りを曲がり少し歩いた先に、本や文具が揃った大きな文房具屋さんがありました。

店名が注文をいた だいたお店と同じだったので、「まさか?」と思い店内へ。

売り場をうろうろしていると、ココフセンとテンミニッツを見つけました!

「沖縄にも、ココフセン とテンミニッツが本当にある!」と、静かな店内で興奮してしまいました。

一緒にいた連れにも自慢をしつつ・・・東京から遠く離れた場所でも販売されている様子を見て感慨深げに。

 

このように、店頭に陳列され喜ぶことができるのも、「自分一人だけの力ではなく、カンミ堂スタッフや、 各店舗へ営業して下さる方々、発注して下さったお店の方たちがいらっしゃるからこそなんだな」と感じ、自分を大きくみつもりすぎず、謙虚な気持ちを忘れず に参りたいと思いました。

 

以前、“小売店の方がどのように販売されているか”を考えさせられる出来事がありました。

店舗さま向けのカンミ堂の商品POPは、社内で用意することが多いのですが、通常それらのPOPは、カンミ堂の基準(消費税の繰り上げ、繰り下げなど)で定めた価格表記で作成します。

ただし、そのルールを一つに統一してしまうと、小数点以下の繰り上げや繰り下げなど、店舗によっては、POPに記載された価格が合わないところが出て来てしまいます。

 

これからはすべての店舗が、お客様へご案内しやすい対応が出来るように、勉強させていただきます。

最後に、テンミニッツやココフセンを置いていただきありがとうございます。

おかげさまで雑誌の掲載も増え、お問い合わせも増えております。旅先でよれたら立ち寄ります。行く先々で鳥肌を立たせていそうです。

 

 

 

  • 取り扱い店舗一覧
  • Online Shop
  • amazon

 

1マイ手帳×PLUS カ.クリエコラボページへ 

 

1マイ手帳 特設ページへ

 

チャージふせんの新サービススタート!

 

0120-62-1580

お問い合わせ