「メールでのやりとり」について考える

担当:佐原

今月の考える日記は、佐原が担当します。

 

私は主に開発やデザインを担当しています。

以前は生産管理も担当しておりましたし、少ない社員ですので新しい商品の事ばかりでなく、現在販売されている商品の作り方を見直す事もあります。

 

つい最近、「以前は革新的に使いやすかった道具」が、よりこうなればいいのに…という現場の声を受け、 道具の見直しをしました。

その道具はメーカーのオンラインストアで購入しており、そのような関係性しか無いですが、オンラインストアで購入後に届く、自動 返信メールは気軽にいろいろ聞いてみたくなるようなとても親しみを覚えるメーカーでした。

 

「このような商品はありませんか、似たようなものでもあれば紹介して下さい。」

という希望する内容をメールしてみると

「カンミ堂の要望のものは無いがこのようにすれば、希望する道具が作れますよ」

との丁寧なメール回答とサンプルが届きました。

 

カンミ堂の要望する内容はニーズが狭い内容だったにも関わらず、真剣に対応していただき、サンプルを作って下さった事よりも、取り組む姿勢にとても感謝の気持ちでいっぱいになり、同じ開発という立場として忘れてはいけない姿勢だと感じました。

そして普段、新しい仕入れ先様とのやり取りもメール済ます事が多くなっておりますが、メールもFAXも人と人とのやり取りであり、全ての事に人が関わっている、という事を再認識させられる出来事でした。

 

 

  • 取り扱い店舗一覧
  • Online Shop
  • amazon

 

1マイ手帳×PLUS カ.クリエコラボページへ 

 

1マイ手帳 特設ページへ

 

チャージふせんの新サービススタート!

 

0120-62-1580

お問い合わせ