「変化」について考える

担当:遠藤

今回の考える日記は、生産管理の遠藤が担当いたします。

 

一つのプロジェクトと言ったら大げさですが、今僕が担当している仕事の一つに社内のレイアウト変更があります。

心機一転、4月を新たな気持ちで迎えられるように、現在最終のつめの状態です。

 

このレイアウト変更に際しては、本当にいろいろ考えました。作っては壊し、作っては壊しの連続です。

これはいいんじゃないか・・・と、いいところまで話が進んでも、「いや、待てよ、ここをこうしたらどうだろう」と考え直して、仕上がりかけていた案をまた ゼロに戻して・・・この流れを繰り返しました。

 

完成しかけたところから、一度全て壊すというのは労力が必要なことですよ ね。

ただ、そこで妥協をせずに、チャレンジするということは大切だと思います。

せっかくレイアウトを変更するのだから、その意味を考え、どういう結果が欲しいかということをきちんと考える必要があると感じました。

 

ただの配置変えと考えるなら、そこまで大変なことではありません。

“レイアウトを変更することで、こんな変化をもたらしたい”そう考えると、全体のイメージから、細かいところにかけてもしっかり考える必要がありました。

今は考えもまとまって、あとは移動を残すのみです。

この空間が、どのように変わるのか、今からとても楽しみです。

 

 

 

 

 

  • 取り扱い店舗一覧
  • Online Shop
  • amazon

 

1マイ手帳×PLUS カ.クリエコラボページへ 

 

1マイ手帳 特設ページへ

 

チャージふせんの新サービススタート!

 

0120-62-1580

お問い合わせ