「社会人」について考える

担当:庄司

今月の考える日記は、この4月にカンミ堂に入社いたしました、庄司が担当いたします。

 

入社後、始めの2週間はおもに研修を受け、そして3週目にはプレミアムインセンティブショーという年2回の展示会の場にも立たせていただきました。

私にとっては初めての展示会で、3日間ずっと緊張しっぱなしだったのですが、ブースで足をとめてくださった方おひとりおひとりにどうにかカンミ堂の製品のよい部分や魅力をお伝えしたいと、精いっぱいに努めました。会期中、カンミ堂ブースには本当にたくさんの方がお立ち寄りくださいました。

 

お客さまとじかにお話しをし、そのなかでお客さまが製品を手にして驚いてくださったり、「いいね」と仰ってくださるのを拝見し、私は心より嬉しく、そしてまた自分がカンミ堂のスタッフになったのだということを身をもって感じることができました。

カンミ堂に入社してからの毎日は、たくさんの新鮮な驚きと緊張と、そして喜びに満ちています。

 

「学生と社会人との違いは何か」。

 

学生時代によく考えていたこの問いかけについて、社会人となったいま改めて振り返ってみると、一番強く感じられるのは「信頼の必要性」の違いです。

 

極端な物言いにはなりますが、学生の本分である勉学に取り組むにあたっては誰からの信頼も必要ではありませんが、社会人が仕事をするにあたってそれは必要不可欠なものとなります。

入社してまだ日の浅い私は、そのなかで“信頼ゼロ”にほど近い場所に立っています。

 

会社の大切な仕事にかかる業務は、それが一見どんなに小さなものであっても信頼を寄せられるスタッフ でなければ任せられません。

そういう意味で、信頼の足らない私に会社のさまざまなことを教え、業務にあたらせることはとても不安なことだと思いますし、毎日忙しい先輩方のお手を煩わせてしまうばかりです。

 

ですが、いまはまだ頼りない新人でも、これから社会人として、カンミ堂社員として、揺るぎのない信頼をいただける自分になれるよう、日々自分を磨き、ひとつひとつの業務に全力で取り組みたいと思っています。

 

改めまして、これからどうかよろしくお願いいたします。

 

 

 

  • 取り扱い店舗一覧
  • Online Shop
  • amazon

 

1マイ手帳×PLUS カ.クリエコラボページへ 

 

1マイ手帳 特設ページへ

 

チャージふせんの新サービススタート!

 

0120-62-1580

お問い合わせ