「伝える」について考える

担当:萩

今月の考える日記は萩が担当します。

 

先日、細谷功さんの『地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」』を読みました。

じとうりょく、ではなく、じあたまりょく、と読むのだそうです。地頭力の定義や鍛え方などについては、 本を読んでいただいたほうがわかりやすいかと思いますので、ここでは割愛しますね。

 

その本文中に、”コミュニケーションで一番重要なことで、それは「自分が何を伝えたか」でなくて「相手に何が伝わったか」である。”とありました。

 

わたし自身、営業の仕事をしているので、様々な方とお会いする機会があり、そして弊社のことや商品のことなど、多くのことをお伝えしています。コミュニ ケーションが大事だというのは日々痛感していましたが、この一言を読むまでは「自分が何を伝えたか」にばかり囚われていたのだと気付かされました。

当たり前のことですが、コミュニケーションは、相手がいてこそ成り立つものですよね。

自社商品のことばかりを一方的に伝えるのではなく、相手の方の立場を考えながら、一番お伝えしたいことを伝えられるようにならなければ、と改めて感じました。

 

今年の4月には新入社員の庄司も入社し、一緒に過ごすことで基本の大切さを噛み締めている毎日です。

いつの間にやら私も社会人3年目。

時には立ち止まって基本を振り返りながら、前進していきたいと思います!

 

 

 

 

  • 取り扱い店舗一覧
  • Online Shop
  • amazon

 

1マイ手帳×PLUS カ.クリエコラボページへ 

 

1マイ手帳 特設ページへ

 

チャージふせんの新サービススタート!

 

0120-62-1580

お問い合わせ