「商品の売り上げ」について考える

担当:萩

 

今月の考える日記は、営業の萩が担当します。

 

カンミ堂では、各商品にそれぞれ「担任」がついています。

もちろん、商品開発には全員が携わっていますが、担任という立場は、なかでもそれぞれの商品の生産スケジュールや今後の方向性などを、ほかの社員よりも特に強く意識し、考える立場にいます。

 

そして、私はココフセンの担任をしています。

 

ココフセンは2011年6月の発売以降、おかげさまでたくさんの方々に手にとっていただいています。

発売から1年以上が経ち、2012年にはココフセンカードや新色も登場しましたが、それだけに課題もいっぱいです。

 

担任として、毎月の売り上げを色別で集計し、1年間の売り上げ推移から今後のおおよその動向を予測して、このままだとおそらく売り上げは下がるだろう、では新色を出すことで売り上げは上がるのか、いま販売しているものをもっと浸透させるためにはどうすればいいのか、あっと驚くような新しいふせんの使いかたはないか、これからのペーパーレス化でふせんの居場所は無くなってしまうのではないか…。

 

本当に、考えだすとキリがありません。

 

ですが、引き続きデータの集計をおこない、今後の予測の精度を高めていくことで、社員全員がひと目でココフセンの課題が分かるようにできれば、それはほかの商品や、今後生まれるであろう新商品にもきっと活かせると考えています。

 

まだまだ模索中で、いまのやりかたが正しいのかどうかも分かりませんが、ココフセンがよりいっそう多くの方々に愛される商品になるよう、これからも大切に育てていきたいと思っています。

 

 

 

  • 取り扱い店舗一覧
  • Online Shop
  • amazon

 

1マイ手帳×PLUS カ.クリエコラボページへ 

 

1マイ手帳 特設ページへ

 

チャージふせんの新サービススタート!

 

0120-62-1580

お問い合わせ