適応すること」について考える

担当:大谷

 

今月の考える日記は、2014年度入社の新入社員2名が担当いたします。

みなさま、ぜひあわせてお目通しのほど、よろしくお願いいたします。

 

~~~~~~

 

 

今月の考える日記は、4月に入社いたしました大谷が担当いたします。

 

新社会人として、4月にカンミ堂に入社し、早くも1ヶ月が過ぎました。

入社して間もなくは、カンミ堂の製品のつくり方やその価値について

先輩方に教えていただきながら、まずは“カンミ堂という会社に慣れる”期間でした。

展示会のブースに立ってお客さまに直接製品を紹介する機会もいただき、

これまで消費者として製品に向き合っていた自分が、今度は製品をつくる立場に

なったのだということを実感することができました。

 

そして今は、“カンミ堂の仕事に慣れる”期間であると思っています。

“会社の仕事に慣れる”ことは、仕事を自分のものとし、自分が仕事をすることの

価値をつくることであると考えています。

まずはいまある仕事に適応することを直近の目標とし、その過程で少しずつでも

先輩方のように、自分にしかできない仕事をつくり出していけたらと思っています。

 

今回は「適応すること」をテーマとしていますが、

この1ヶ月は社会人生活のスタートであると同時に、私にとっては人生初の一人暮らしの

スタートでもありました。

食材の保管方法がわからず肉や野菜をだめにしてしまったり、洗濯するにもひと苦労

だったりと、4月中は一人暮らしの大変さをたくさん味わったように思います。

 

ただ一人暮らしに慣れるのは会社の業務に慣れるよりも早いようで、

4月の終わりごろには食材を腐らせることも洗濯に手間取ることもなくなり、

最低限の料理を覚え、大まかに週の予定を決めてこなす余裕もでてきました。

 

この調子で、会社での業務にもどんどん適応していき、自分にとって、お客さまにとって、

社会にとって面白い製品づくりのなかで成長していきたいと考えています。

 

改めまして、これから何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 【考える日記】201405.jpg.jpg

 

▲借りているマンションに自転車置き場がないため、自転車は折り畳んで

玄関に置いています。自転車置き場がないマンションに適応してくれる

折りたたみ自転車には、日々感謝しています。

 

 

 

 

 


 

 
 
  • 取り扱い店舗一覧
  • Online Shop
  • amazon

 

1マイ手帳×PLUS カ.クリエコラボページへ 

 

1マイ手帳 特設ページへ

 

チャージふせんの新サービススタート!

 

0120-62-1580

お問い合わせ