「小さな工夫やサービス」について考える

担当:佐原

 

 

今月の考える日記は、開発・デザインの佐原が担当させていただきます。

 
会社には朝と夕方、いろいろな運送会社さんが荷物の配達と集荷のためにきてくださいます。
そのなかでも、ひと際あいさつが印象的だな、と感じる方がいらっしゃいます。


その方が、ほかの方とどんなところが違うか、文字ではなかなか表しづらいのですが、
お決まりの「こんにちはー」「ありがとうございまーす」ではなく、自然なあいさつをくださり、

運送会社さんというよりも「〇〇運輸の〇〇さんに荷物を持ってきていただいた」という感覚になります。

また、その方はカンミ堂の朝礼の時間を把握してくださっていて、その時間帯に重ならないよう

ルートをかえたり、配達の時間帯を工夫してくださっているように感じられます。
憶測ですが、それは会社のサービスの一環というのではなく、その方が私たちのためを思って

いろいろと工夫してくださったうえでのサービスではないかと思っています。

そうしたさりげない気配りや、小さな工夫でできるようなサービスでも印象は大きく変わり、
なるべくその会社さんへお願いしたい、という気持ちになります。

ある偉い人が、「力ではなく心で人を動かす」と言っていたのを思いださせられ、
相手の立場になって考え少し工夫することで、それが自然とできていくのだなと感じました。

 

 

考える日記201408.jpg




 

 

 

 
 
  • 取り扱い店舗一覧
  • Online Shop
  • amazon

 

1マイ手帳×PLUS カ.クリエコラボページへ 

 

1マイ手帳 特設ページへ

 

チャージふせんの新サービススタート!

 

0120-62-1580

お問い合わせ