「楽しませること」について考える

担当:横田

 

 

今月の考える日記は、営業の横田が担当します。

私は子どもの頃から甘いものが好きなのですが、ここ1年くらいで「和菓子」が大好きになりました。
休日に出かけた先で和菓子屋さんを見つけると、とくに誰かにお菓子をあげる予定がなくても、

ふらっとお店に入ってしまいます。

和菓子屋さんの店内は静かで清潔感があり、品のよい、優しそうな店員さんが丁寧に

お菓子の説明をしてくださるので、いつもとは少し違った「いい気分」を味わうことができます。
その気分だけでも、和菓子屋さんに入ってよかった、と思うことができるのですが、
メインである和菓子には、さらに幸せな気持ちを与えてもらえます。

和菓子が並んでいるケースをゆっくり眺めていると、定番のお菓子の横に、

「季節のお菓子」というものが並んでいます。
季節のお菓子は、その季節ごとの旬の素材を使用していたり、その季節を連想させる色や

モチーフが小さなお菓子のなかいっぱいに散りばめられていて、「食べるのがもったいない」と

思うほど美しいものばかりで、見ているだけでとても幸せな気持ちになります。

そんな風に気分が上がると、その気持ちを誰かにもお裾分けしたくなり、結局、

自分のぶんとほかに何人かのぶんを購入して、ホクホク顏でお店を出ます。
そしてまた季節が変わると、「今度はどんな新しいお菓子が並んでいるかな」と気になりだし、

お店に足を運び… 気がつけば一年じゅう、和菓子に夢中になってしまうのでした。笑

 


購入する前から「いいな」と思ってもらえたり、購入したあとも気にかけてもらえるのは、
お店、人、そして商品の一つ一つが魅力的だからこそなのだと思います。
カンミ堂の商品も、商品を手にとったお客さまに素敵だな、いいものだなと感じていただけて、
その先もずっと、楽しませ続けられる存在になれたらいいなと思います。

営業として自分にどんなことができるか、これからも考え続けていきたいと思います。


********************************************


考える日記_201410.jpg

 

写真は、夏に購入した砂糖菓子です。
キラキラした宝石のような見た目で、夏を少しだけ涼しく感じることができました。

********************************************


 

 
 
  • 取り扱い店舗一覧
  • Online Shop
  • amazon

 

1マイ手帳×PLUS カ.クリエコラボページへ 

 

1マイ手帳 特設ページへ

 

チャージふせんの新サービススタート!

 

0120-62-1580

お問い合わせ