「読まなかった本」について考える

担当:大竹

 

今月の考える日記は、生産管理の大竹が担当させていただきます。

 

先月、引っ越しをするにあたり、持ち物の整理をしました。
その際、もっとも多くあったのが、書籍でした。

それらを購入するときは、「いつか読もう! 今度読もう!」と思っていたのですが、
結局のところいつまで経っても読むことはないまま、本棚に並んでいるだけでした。
そして本棚だけでは足りなくなり、段ボールに入れて保存している状態でした。

そこで、今回の引っ越しを機に、思い切って書籍を処分することにしました。
読まなかった本を処分することは非常にもったいないことだと思っていたのですが、
このまま置いておいても、きっと何年経っても読まないだろう、と。

読もうと思ったとき、すぐに読まないと、いつまで経っても読まないと思いました。

 

 

考える日記_201411.JPG

▲段ボールのなかに入れていた本

 
 
  • 取り扱い店舗一覧
  • Online Shop
  • amazon

 

1マイ手帳×PLUS カ.クリエコラボページへ 

 

1マイ手帳 特設ページへ

 

チャージふせんの新サービススタート!

 

0120-62-1580

お問い合わせ