「具体的な目標」について考える

担当:萩

 

 

2015年最初の「考える日記」は、営業の萩が担当いたします。


2014年を振り返ると、私にとっては海外へ行くことの多い年でした。
(といっても2回だけなのですが…)
現地で数日過ごすだけでも、日本にいると得られないような貴重な経験ができて、
日本へ戻ってきたときには、世界が広がったような不思議な気持ちになります。

すると、どうしても興味が湧いてくるのが「外国語の習得」。

恥ずかしながら、私は中学レベルの英語しかできず、
毎年の夏の展示会では、海外の方から声をかけていただくことがあっても
すべて「ア、アイムソーリー」で凌いでいました…。
そのたびに、「英語が話せるようになれたらいいなぁ」とぼんやり考えていましたが、
その気持ちが続くことはありませんでした。

それを、「目標」と呼ぶにはおこがましいかもしれないのですが、

「なぜ目標が達成できないのだろう」
「“こうなりたい”という最初の気持ちは本物なのに、

 どうして思うだけで終わってしまうのだろう」

改めて考えてみたところ、やはり最終的なゴールが曖昧なのがダメだったんだ、

というところにたどりつきました。


いま思えば、なぜ気持ちが続かないのかを考えることすらありませんでした。
ただそのときの思いつきで、「なんとなく」外国語に興味を持っただけ。
「なんとなく、英語を話せたほうがいい気がする!」と、これでは続くはずもありません。

 


それに気づいたあと、さっそく中国語の勉強に熱心だった大学時代の友人に電話をかけ、
自分も勉強したいと思う、ただ勉強する理由が曖昧で続かない、といった悩みを打ち明け、

アドバイスをもらうことができました。
さらに、友人と「台湾旅行に行く」という目標を立て、
それに向けて少しでも中国語の習得に努める、次回会うときにはお互い勉強の成果を報告しあう、
旅行のスケジュールもそのときに立ててしまおう、といったところまで決まりました。

しっかりとした目標ができ、さらに一緒に励まし合える存在ができたことで、
今度は目標を達成できそうな気がします。
(おすすめの外国語習得法などがあればぜひ教えてください…)

今年も、仕事にプライベートに、せいいっぱい邁進してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

写真は、グアムのきれいな海と、遠くに見えるスコールの雲です。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 取り扱い店舗一覧
  • Online Shop
  • amazon

 

1マイ手帳×PLUS カ.クリエコラボページへ 

 

1マイ手帳 特設ページへ

 

チャージふせんの新サービススタート!

 

0120-62-1580

お問い合わせ