「慣れること」について考える

担当:内山

 

今月の考える日記は、2015年度入社の新入社員2名が担当いたします。

2名の初めての「考える日記」、みなさまぜひあわせてお目通しください。

 

~~~~~~

 

今月の考える日記は、4月に入社しました内山が担当いたします。


1ヶ月。まだ、1ヶ月しか経っていないのか。自分で書いていて驚きました。
毎日新しく学ぶことに溢れ、日々が目まぐるしく過ぎていくので、もっと時間が
経っているように感じます。
4月中は、ビジネスマナーや商品知識などを教えていただき、

いまは少しずつではありますが、実務をさせていただく機会が増えてきました。

いままでを振り返ってみて、入社当初と比べてみれば、

自分は少なくとも「場」に慣れてきていると感じています。

逆を言えば一ヶ月で慣れたことはそれくらいで、はて、そう考えてみると

一ヶ月は長く感じます。「場」に慣れるのに一ヶ月もかかるのか。

「慣れる」ことについて、一度立ち止まって考えてみると、
これまで自分が「慣れる」という言葉を「くり返していれば身につく」という

受動的なプロセスだと考えていたことに気がつきます。ですが「慣れる」ことは、

実はもっと積極的なプロセスなのではないかと最近考えるようになりました。

 

そのプロセスとは、新しい環境や物事を「理解して、受け入れよう」とする

態度や意識をもつことだと思います。

 

このことは、当たり前のように「慣れる」という言葉に含まれていて、

誰もが無意識のうちに実践していることなのかもしれませんが、

「慣れない」自分を振り返ってみて、改めてそのことに気づかされました。

まだ、1ヶ月。学ぶべきこと、身につけるべきことに溢れています。
会社の業務や考え方などにどんどん慣れて、日々成長していけるよう努めていきたいです。

これから何卒宜しくお願いいたします。

 

 

 


もう見慣れた景色になりつつある通勤路での一枚。
まっすぐに伸びているこの線路を見ると、気分が晴れ晴れとします。

 

 

 

 

 


 

 
 
  • 取り扱い店舗一覧
  • Online Shop
  • amazon

 

1マイ手帳×PLUS カ.クリエコラボページへ 

 

1マイ手帳 特設ページへ

 

チャージふせんの新サービススタート!

 

0120-62-1580

お問い合わせ