とりあえずやってみる」について考える

担当:遠藤

 

 

今月の考える日記は、遠藤が担当いたします。

 

前回の「考える日記」から、だいたい1年ぐらいで順番がまわってきました。

社員の人数が増えると、自分の番がまわってくるのも時間がかかるものですね(笑)。

ここ数ヶ月で、“海外ネタ”が何度かでてきたようですが、それに便乗するかたちで僕も

海外に関する内容の考える日記を書きたいと思います。

 

昨年8月末、僕は海外(フランス・シャモニー)のトレイルランニングレースに出場しました。

山を走りはじめてちょうど2年ぐらいの時期での挑戦に、正直、「少し早いのかな?」という

気持ちもありました。

でも、いろんな条件を考慮すると、海外のレースに出るには絶好のタイミングでした。

次の年に出られるか分からないし、チャンスがあるのなら出てみようかなと思いエントリー。

1次は抽選で外れましたが、2次で、110kmのレースへの出場権を得ることができました。

 

走ってみて、結果は惨敗でした(笑)。

実力もそうですが、経験、インテリジェンス、覚悟、すべてにおいて打ちのめされる結果でした。

胃腸のトラブルでエネルギー補充できなくなった身体は思うように動かず、体温も上がらない

状態で軽度の低体温症も経験しました。終わったときはとにかく悔しく、放心状態。失望感に

支配された気持ちでは、そのあとの観光もどこか上の空。挫折を手みやげに、あっという間の

帰国となりました。

 

でも、とりあえずやってみてよかったと、心から思っています。後悔はまったくありません。

なぜなら、なにものにも代え難い経験ができたから。いまの自分の立ち位置や足りない部分も

見え、一方で通用する部分も見つかったし、収穫もたくさんありました。

レース中に友人になったグラハム(アイルランド人)とは、いまでもメール交換をしているし、

次のチャレンジへの意欲も湧いています。

 

 

挑戦することをしなかったら、今回の発見は皆無であり、海外に行けるチャンスももしかしたら

なくなったかもしれません。(今年はエントリー人数が大幅に増え、参加のためのレギュレーション

が前年よりも厳しくなりました)

経験は大きな財産となります。

できるのであれば、なんでもやってみるのはいいことだなと、あらためて感じました。

 

“考え無しに”というつもりはありません。

でも、考えすぎて立ち止まってしまいそうなら、ええい、とりあえず動いてみるのもいいもの

だなと思います。

 

 

IMG_4090.JPG 

 

なにものにも代え難い経験をつむことができました。 

 

 

 

 

 
 
  • 取り扱い店舗一覧
  • Online Shop
  • amazon

 

1マイ手帳×PLUS カ.クリエコラボページへ 

 

1マイ手帳 特設ページへ

 

チャージふせんの新サービススタート!

 

0120-62-1580

お問い合わせ