「日常」について考える

担当:關

 

今月の考える日記は、2016年度入社の新入社員2名が担当いたします。

2名の初めての「考える日記」、みなさまぜひあわせてお目通しください。

 

~~~~~~

 

今月の考える日記は、4月に入社いたしました關が担当いたします。

 

入社してから1ヶ月が経ちました。

振り返ってみると、自分の日常が大きく変化したのだなと感じます。

  

学生という肩書きを卒業し、カンミ堂の一員として働きはじめ、日々は新しいことで溢れています。

2ヶ月が経ったいまでも、毎日新しいことを教えていただいています。

教えていただいたことを、一つひとつ自分自身で考えて実行できるように努めることがいまの私の日常です。

 

社会人になったことに限らず、毎朝決まった時間にきちんと起きること、満員電車に乗って通勤することも、

学生時代のときにはなかった新しい日常です。新生活のスタートに晴れやかな気持ちになるのと同時に、

これから自分が送ることになる日々を思うと、感慨深い気持ちになります。

  

思い返してみると、新生活を始めるときは、いつも新しいことで溢れていました。

それらのことは、時間が経ち、気づくと自分のあたりまえの日常になっていたような気がします。 

そう考えると、カンミ堂のなかで新しいことをできるようにしていくこと、生活のリズムを定着させて

いくこと、いわばこれから先の日常をきちんとつくっていくことがいまの私の日常なのだと感じます。

  

これからよろしくお願いいたします。

 

 

 

ノートには入社してからの日々が詰まっています。次のノートもスタンバイ中です。

 

 

 

 
 
  • 取り扱い店舗一覧
  • Online Shop
  • amazon

 

1マイ手帳×PLUS カ.クリエコラボページへ 

 

1マイ手帳 特設ページへ

 

チャージふせんの新サービススタート!

 

0120-62-1580

お問い合わせ