「メモ」について考える

担当:屋良

 

 

今月の考える日記は、4月に入社いたしました屋良が担当いたします。

 

 

入社後、毎日が新鮮な出来事ばかりで

あっという間に1日が終わると感じていたら、

入社式から1か月が経っていました。

先輩方に支えていただきながら、

少しずつではありますができる仕事が増えるたびに大きな喜びを感じています。

 

入社してから、教えられたことは毎日のようにノートに書き留めていたのですが

1週目の途中から、違う目的でメモもとるようになりました。

仕事内容などの重要なことを書き留めるノートとは別の、

研修中や会話の中で気になったことを書き留めるメモです。

 

理由としては、少しでも興味を持ったことは全部吸収したいと思ったからです。

社会人になり、学生時代とは違う世界に入ったことで毎日が新しい出会いで溢れています。

全てを余すことなく拾うのは難しいかもしれませんが

メモとして書き留めることで、また振り返る機会ができました。

 

実際、あっという間に過ぎる1日の最後にそのメモを見返すと

どんな会話をしたか、何に惹かれたか、深く知りたいことは何だったか

仕事ではない所でも振り返りができ、とても面白いです。

 

メモの内容を自分の中に吸収したら、

手放してまた新しいことを書き留めていきたいと考えています。

カンミ堂の仕事を学びながら、様々なジャンルの知識も増やしていきたいです。

これからどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

真っ白なページが色んな言葉で埋まっていくのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 
 
  • 取り扱い店舗一覧
  • Online Shop
  • amazon

 

「アンドノート」テンプレート配布中 

1マイ手帳 特設ページへ

 

チャージふせんの新サービススタート!

 

0120-62-1580

お問い合わせ

 

    【受付時間  平日9:00~18:00】